蚊帳を吊る

さて、骨董市で買って来た蚊帳。
しまっておいては意味がなく、使わねばもったいない。
とはいえ、今は冬。窓を開けて寝るわけにもいかないが、長い間しまっておかれたであろう蚊帳を広げて、息抜きをさせてやらずばなるまい。
遅い朝食(ブランチ?)を済ませ、メダカの水を換えて、いざ蔵の二階へ。
d0167932_1714204.jpg


広げてみると、古道具やの兄さんの言う通り6畳用だったらしい。
麻の緑色がいい具合で、これはこれで満足である。
d0167932_17171781.jpg


畳の上に蚊帳の裾が広がる。うんうん、これだ。
d0167932_1719926.jpg


何年ぶりだろう、蚊帳をくぐるのは。子供の頃以来だから、もうウン十年ぶりである。
蚊帳の向こうに部屋の壁が見える。何ともはや。
d0167932_17204741.jpg


蚊帳越しに蔵の天井と太い梁が見える。
低かった天井をつけなかったのはやはり正解だった、と改めて思う。
d0167932_1723662.jpg


この部屋は変形12畳半なので当然、鴨居の角には吊れない。鴨居に届かない蚊帳の吊り手は、梁からシュロ縄をたらして吊ることにした。
d0167932_17251151.jpg


う〜ん、いいじゃないか。
いいじゃないか、蚊帳と畳の部屋。
とかなんとか、自己満足の世界である。
父だけではもったいないので、希望者には蚊帳での宿泊をプレゼント、なんてね。そんな気持ち。
実に、脳天気に自己満足のウラン父なのであった。
しかも、ウン萬円のはずが、わずか2000円である。最近 小遣いの少ない父は至極ご満悦なのでありますた。

この気持ち、分かるかなあ?
分からないだろうなあ、第一、蚊帳を知っている人自体が少ないのだから・・・。
蚊帳が分かる人は、モスキート音が聞こえなくなっているご同輩だろうけどもなあ・・・。

なんと、蚊帳だけで終始してしまった。まあ、それはそれで良しとblogに書いておこう!!
[PR]
by mamoru0121 | 2010-12-19 17:44 | 今日の出来事


<< 枯葉の散歩道 骨董市で蚊帳なぞを買う >>