2010年 06月 03日 ( 1 )

ドクダミはつらいよ

d0167932_0385062.jpg

老母が来て、美和の草取りをしてくれた時、庭にはびこるドクダミを見て「わしゃぁ、ドクダミがキライ! ドクダミは嫁の屁ちゅうぐらい臭いし、放っときゃあ、どこまでも広がりよる。家の周りじゃあ、どこのもんもみんな、ドクダミを取ってしまうんじゃが、いつまでも生えてきよる。きりがない。だから、ドクダミはよけいキライ!」と、ドクダミを引っこ抜いていた。
 ドクダミが「嫁の屁」とは初めて聞いたが、昔から嫁と姑の戦争は盛んだったのだろう。大体、老母は誰からそんなことを聞いて育ったのだろうか?
ウラン父もそんな老母の血筋か、ドクダミの匂いがキライで、大、大、大嫌いである。
d0167932_039431.jpg

近くの遊歩道の脇のツツジの間にも、ツツジと競うようにドクダミが白い花を咲かせている。
d0167932_0404212.jpg

これだけの高さになるのだから、ドクダミ恐るべし。
d0167932_0412465.jpg

ここなど、ツツジかドクダミか分かりゃしない。
カミさんはドクダミの白い花が好きで、咲き終わりまで抜くなと言う。
d0167932_042531.jpg

おかげで、我が家の庭のドクダミは我が夜の春を謳歌している。
見てろよ、花が終わったら抜いてやる。
と、思うウラン父であるが、きっとすぐに抜いた先からドクダミは増えてゆくのであった。
[PR]
by mamoru0121 | 2010-06-03 00:42