2011年 02月 20日 ( 1 )

あいつが逝った。

昨日の夜、大学の時の同期が逝った。あいつの長男が電話して来た。
遅くなってすいません、と。

入院先で、夕方急変してそのままだったらしい。
一昨々年、奥さんを亡くし、入院の日の朝まで仕事をしていたらしい。
後には、3人の子供lが残された。
大学生二人と浪人中の娘が一人。

さぞ心配だったろう。
鹿児島が故郷のあいつの母親が、老体にむち打って今朝、八王子のあいつの家に着いた。
「親より先に逝く奴は、一番の不幸者と言いますよね」と話しかけると、声もなく肩を震わせていた。

残される子供たちを思ってか、長男に「葬式はやるんじゃない」と言っておいたそうだ。
たぶん、あいつが一番心配なのは子供たちが立ち行くこと。なにか力になれるといいが。。。

誰にも知らせるな、と親戚にも友人にも入院を知らせることを許さなかったらしい。
会社の健康診断は、悪いものが見つかるといけないと警戒して極力避けていたらしい。まず、子供たちの生活を優先したのだろう。
入院しての検査で、肝臓がんと、大腸に転移したがんが見つかったそうだ。1月11日に入院して以来重湯と点滴が食事だったらしい。そのせいか、あいつの頰は痩せていた。

「ウラン父と秋田犬に知らせないのは残念だが・・・」と長男に話していたらしい。
「カッコつけ」だったあいつらしいと言うべきか、水臭いと怒るべきか?

あいつが望んだように葬儀はしない。月曜に、近親者だけで火葬する。
秋田犬は、なんとか間に合いそうだ。

学生結婚だったあいつたち夫婦は、とても仲が良かった。ウラン父や秋田犬、角館はあいつの奥さんの手調理を目当てに、麻雀をあいつのアパートでやっていた。あいつの奥さんは姉さん女房で銀行員で羽振りが良かったなあ。

仲の良い夫婦らしく、あいつの奥さんの骨壺の横に、あいつの骨壺が並ぶだろう。
仲の良かった生前のように。。。

せめて、逝く前に会いたかったぞ、
せめて、逝く前に話したかったぞ。
お前の好きな吉行淳之介の小説の話しをしたかったぞ!

せめて、逝く前に・・・
[PR]
by mamoru0121 | 2011-02-20 00:10 | 今日の出来事