<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

計画停電

我が家は第二グループですが、今は電気が供給されています。ガソリンスタンドには長蛇の列。スーパーも閉店が多く、懐中電灯や電池が売り切れ。カセットコンロ、ガスも品切れ。電車はうごかず。まさに、初めてのことだらけ。学校も休校。一体どうなるんだろう。 それでも、震災にあわれた方よりはましなのだ。贅沢はいえない。今夜は三時間停電する事は覚悟しなければなるまい。
福島の三号機が水素爆発した。作業していた人たちは無事だろうか?
[PR]
by mamoru0121 | 2011-03-14 11:28 | 今日の出来事

大震災

d0167932_14523981.jpg

大震災の被害に遭われた方がこれ以上の被害に遭わずにいられますように!
犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

秋田の友人とは連絡がつきません。被害はなかったようですが、停電で携帯は通じず、固定電話も通じません。
カミさんの高校時代の友人は、宮城郡にいますが、メールを送っても返事が返ってきません。無事であって欲しい。

娘の先輩がボランティアに出発するといきり立っていましたが、今はその時ではないと言いました。
自己完結できないボランティアは、よけいな食料消費と宿泊施設をふさいでしまいます。
今回は、特に体制が整ったときに行かないと足手まといになって却って、迷惑をかけてしまいます。
気持ちはよく分かるのですが。第一、移動手段さえないのに・・・。

地元で出来ることから。
明日、14日からは輪番停電が始まるようです。こまめに電気を消すことも、なにかの役に立つと思います。

政府や原子力保安院の発表の仕方にいろいろな意見があるようですが、とても気になるのは、原発の現場で今も懸命に対応策に従事している職員や消防、警察、自衛隊の方々への配慮が感じられないこと。
避難の際に被爆した方もとても気の毒です。
安全地帯で、発表の仕方に苦言を呈するのもよく分かりますが、放射能に一番近いところで作業をしている人々が、まかり間違えば、数ヶ月後に被爆の後遺症で亡くなるかもしてないことを覚悟の上で現場を放棄せずに、黙々と作業に従事していることへの敬意を、もう少し払っても良いのではないかと、テレビの報道を見て思います。スリーマイルやチェルノブイリの消防士たちの献身的な行動を見ていると、きっと福島第一、第二原子力発電所でも同様に、献身的な作業をしている人がいるのだなあ、ありがたいと思います。
敢えて、「英雄」と読んでも差し支えないと思います。

同時に、被災地で活動する方たち(中には自ら被災した方もおられるはず)に敬意を払わずにおられません。ご苦労様です。

ウラン家地方は、申し訳ないことに、至って平和です。
もうこれ以上の被害がありませんように!
[PR]
by mamoru0121 | 2011-03-13 15:14 | 今日の出来事