新年、あけましておめでとう!

d0167932_135871.jpg

あけましておめでとうございます。
ウランは今年も元気です。
新年になってしまったので、大晦日の鐘搗きは止めにして氏神様(諏訪神社)に初詣。
本殿はじめ拝殿のそばには犬は入ってはいけないことになっているので、ウランは境内の一角で父と待った。小型犬の飼い主たちはおかまいなしに、抱っこしたり、リードを引いたりしているんだけども大型犬はそうもいかない。ごめんな、ウラン。
お参りを済ませ、車の交通安全のお守りを買って家に帰る。
元旦の朝、遅く起きた父はウランと散歩へ。行く先は毎朝同じく、諏訪神社である。
d0167932_1444278.jpg


参道には、テキ屋さんが店を出している。なんだか今年は店の数が少ないように思う。
時折、縁起物のだるまが売れて手打ちの音が響いて「ああ、正月だなあ」と思う。
d0167932_1473147.jpg


地元の神社だけれど、早朝のようにはないけれども、
それでもやはり正月らしく、参道には参拝の列が出来ている。






d0167932_1410333.jpg
ウランには悪いが、決まり事は守らねばならぬ。
ウランを境内の植え込みに繋いで参拝の列に並ぶ。
煙っているのは、神楽殿の前の広場で暖をとる用のたき火がしてあるからだ。





d0167932_14145981.jpg
d0167932_1415492.jpg
d0167932_14164877.jpg































参拝の間、ウランはじっと、
大人しく待っていてくれる。
時折、犬好きな人に撫でてもらったりしながら。




どうか、今年一年が平穏無事な、良い歳でありますように!
そんな、小市民の生活を夢にて願わずにはいられない。もちろん、ウランの健康も!!
d0167932_14215660.jpg


我が家の雑煮・・・

雑煮の続きはこちら
[PR]
# by mamoru0121 | 2011-01-01 14:29 | 今日の出来事

今年一年、ありがとうございました

d0167932_1624327.jpg

ご先祖様のお墓参り。
今年も一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
皆様も、ワンコたちも来年が良い歳でありますように‼ ウラン&ウラン家一同
[PR]
# by mamoru0121 | 2010-12-31 16:18

もうすっかり年越しの準備さ

d0167932_1035255.jpg

諏訪神社はもうすっかり年越しの準備万端。
今年最後のお詣り。
とは言うものの、後数時間後に初詣でに来るんだけどね。
[PR]
# by mamoru0121 | 2010-12-31 09:57

明日があるさ

d0167932_1422956.jpg

明日があるさ。
夢や希望は、それほどでもないけれど。それでも、明日があるさ。
いやでも、新年が、元旦って奴がやってくる。
そうして、ろくでもない歳を取る、のだ。

それでも、明日があるさ。
[PR]
# by mamoru0121 | 2010-12-31 01:45 | 今日の出来事

ボッコの三回忌って言うのかなあ?

d0167932_23502964.jpg

今日はボッコの命日。2008年12月28日に静かに眠りについたボッコことBossco(ボス子)。
あと3日で18歳だったボッコ。惜しかったねえ。
捨て犬を叔父に拾われて、3ヶ月の間をおいて相次いで亡くなった叔父夫婦の元からやってきた雑種のボッコ。
夏になるとメニエルのように、眼が回って首が傾いてしまったボッコ。
最後の4ヶ月を寝たきりで過ごしたボッコ。
もっと優しくしてやれば良かったなあ。でも、それは後の祭り。

お店をやっていた叔父にもらって、とてもパンが好きになったボッコ。叔父は売り物にならない賞味期限の切れたパンをボッコと境川の野鳥たちにあげていたのだ。(腐ってたわけじゃないよ)
d0167932_2359574.jpg

だから、ボッコには菓子パンを供える。白い器のものはaliceさんに教わって飲ませていたヤギミルクだよ。昨夜、wulmさんから貰った花も供えてあるよ。
d0167932_012570.jpg

ウラン家と妹夫婦と叔父のムスメ夫婦(つまりいとこ)でボッコの三回忌。
パン好きなボッコにちなんで、命日にはパンやサンドイッチでランチをするんだ。
d0167932_0201091.jpg

もちろん、ウランも父ちゃんと一緒にお参りをしたよ。
今年は、5月にいとこが長男が産んだので、一人増えた勘定だ。(我がムスメは今年は部活で不在)。新しい親族が増えるのは、とても楽しいことだ。しかもかわいい!
d0167932_052328.jpg

店蔵の前でいとこたちを撮る。旅館に泊まったみたいだね、気に入ってもらっていた。
「紺屋」とは、我が一族の屋号なのである。抱かれたHくんが我が一族の一番若い存在なのだ。
d0167932_081558.jpg

この一家に、先日骨董市で買った蚊帳を見せた。
冬の穏やかな陽が差し込んで、蚊帳の中の三人は「東京物語」のようだった。
ムスメにも私たちにも、こんな時期があったのだろうか?
今となっては、もう思い出せない……。
[PR]
# by mamoru0121 | 2010-12-29 00:14